住宅建築の豆知識

住宅建築について詳しくご紹介します!

本サイトでは、これからマイホームを手に入れたいという人に役に立つように、住宅建築の知識情報を、わかりやすくまとめています。
気になる費用はもちろん、知っておきたい有名な建築家や建築のことが良く分かる雑誌など、知りたい情報を優しくまとめました。
分からないことが多いという人は、コーディネーターに相談することもできるので、コーディネーターとは何をしてくれる人なのかということにも触れています。
後悔しない家づくりをしたい人、必見です。

やさしくわかる住宅建築の知識情報

やさしくわかる住宅建築の知識情報 今までは賃貸住宅やアパート、マンションなどで暮らしてきたけれども、そろそろマイホームを考えているという人は、何から考えたらよいのか分からなかったり、費用のことが心配だったりするものです。
住宅建築は、予算の立て方や建築の種類や特徴、デザインなど住宅建築の基礎知識を知ることで、具体的に考えることができるようになる物です。
自分の好みやこだわりがつまった、自分だけの家を建てたいという思いがあっても、知識がなくては考え始めることができない物です。
また一生の中でも何度もない大きな買い物になるので、後悔しないように準備をしていきながら徐々に考えをまとめていくことをおすすめします。
難しい言葉が並びがちな住宅建築の知識ですが、優しくわかりやすい説明でも、十分に理解することができます。

住宅建築前に覚えておきたい法律である建築基準法

住宅建築前に覚えておきたい法律である建築基準法 住宅建築する時には、様々な法律を確認する必要があります。
特に住宅建築前にチェックしておきたいのが建築基準法です。
建築基準法とは、命や財産を守るために建物を建築する際に、安全に維持するためのルールになります。
このルールに沿って住宅を建築することで、暮らしを守っていけます。
建築基準法は、大きく分けると地域におけるルールである集団規定と、建物において守るべき単体規定の2種類に分けられます。
土地によっては環境に合わせた住宅を建てる必要があることがルールによって決められているのです。
また、倒壊や火災によって周りに被害が出ないようにと単体規定が定められています。
そんな建築基準法で最初にチェックしておきたいのが、用途地域です。
住宅はほとんどの地域に立てることができますが、工場専用地域には立てられないということになっています。
建ぺい率、容積率、高さも制限されています。
用途用地によってこれらの制限は変わってきます。
その土地の景観上のルールや地区計画などで制約されているケースもあるため、家を建てる前に気になる土地がある場合には行政に確認することも重要です。
その他、地震などへの対策なども義務付けられています。

住宅建築の際に心地良い空間を実現する方法

住宅建築を実施する際には、心地良い空間を実現するための方法を知っておくことが大切だと言えます。
理想的なデザインを取り入れることができたとしても、住んでみると快適さが感じられないという可能性も高いです。
長く住む住宅だからこそ、心地良さが得られることが大切だと言えます。
そのためには、動線を考えて設計やデザインを行うことが大切だと言えます。
生活動線や家事動線を考えてデザインを決めるようにすると、自然と生活しやすい間取りや設備に仕上げることができるはずです。
気になっていた設備やアイデアを取り入れることも大切ですが、ただ組み合わせただけでは暮らしにくさの原因となる可能性が高いと言えます。
現在の生活や新居での生活を考えながら、暮らしやすい間取りや設備を採用していくことが大事です。
こういった方法で住宅建築を進めるようにすると、家族みんなが快適な住空間を手に入れることができるようになると知っておきましょう。

自然と環境を意識した住宅建築のポイントは?

住宅建築というと、建物の設計や設備の仕様ばかりに気を取られがちです。
しかし、立地も非常に重要なポイントであり、特に自然や環境との関係は詳しくチェックする必要があります。
特に子どもがいる世帯であれば、情操教育に大きく関わるので実際に何度も訪れて確認することが望ましいです。
その際は、時間帯を変えながら訪問することがポイントになります。
たとえば、夜間は静かでも早朝は騒音が大きなケースなどもあるからです。
騒音といっても人工的なものばかりではありません。
自然に囲まれていても、鳥の鳴き声がうるさくて困ってしまうケースもあります。
また、住宅建築のデザインを検討するときも環境を考慮したほうが良いでしょう。
そもそも条例などで調和を乱さないように規制されているケースもあります。
緑が豊かな地域を建てるなら、派手な色は不釣り合いなので避けるといった具合です。
エコブームが追い風となり、最低限の塗装にとどめ、木材の質感を重視する方向で建築する人も増えてきました。

住宅建築で理想の暮らしを得ることができます

住宅建築で自分好みのアイテムを自由に選んだり、唯一無二の家を実現することが可能です。間取りや設備、目に見えない細部も自分のこだわりを反映することができ、満足度の高いマイホームを手にすることができます。
こだわりの家を建てたいなら、注文住宅建築がおすすめです。設計者とコミュニケーションをとることができ、打ち合わせの際営業スタッフはもちろん設計者も同席すると、具体的な家のイメージを伝えることができます。満足度の高い注文住宅を手にすることができ、理想の暮らしを実現することができるでしょう。完成済みの物件を契約する建売住宅の場合、建築過程を見ることができないですが、契約をしてから家造りがはじまるので状況を実際確認できるメリットがあります。欠陥住宅や手抜き工事などの心配を軽減することができたり、清掃や整理整頓がされているかもチェックすることが可能です。プロでないと適切に施工されているか見極めるのは難しいですが、気になることがあれば現場監督や営業スタッフに確認すると良いでしょう。

住宅建築における空間の上手な使い方のポイント

住宅建築というと空間の取り方、使い方が重要なのは明白ですが、いざ設計するとなると途端に難しく感じるものではないでしょうか。
住宅建築ははつまり、人が快適に暮らす空間活用に他ならないので、いかに無駄なくバランス良く設計するかが重要になってきます。しかし実際には答えが1つではなく、考えれば考えるほど選択肢が増えて、1つに絞り込み選ぶのが難しくなります。住宅建築で大切なのは何を重視するか優先順位を決めること、更には限りある条件の中で、いくつか候補となる選択肢を作り上げることです。家造りは自由度の高さが魅力的ですが、現実は使える予算が有限ですし、アイデアが次々と出ても選べる選択肢が限られるジレンマが生じます。住宅建築のポイントになるのは、横を優先するか縦を活用するかで、横に余裕を持たせたい場合は縦を上手く利用して、逆に縦を優先したい時は横に意識を向けます。この縦横の考え方やバランスの取り方を意識することで、設計のハードルが下がったり活用しやすくなるのではないでしょうか。

住宅建築を建てる際には基礎工事が重要なポイント

どのような建物でも基礎工事はとても大切な工事です。一階の間取りに沿って基礎を作っていくのです。
きちんとできないと建物が建った時に、地盤が緩んで傾いたりしてしまいます。
建築する前に地盤調査というものを行いますが、埋め立て地などで地盤が緩んでいる所に建てる時には、ベタ基礎と言って一面コンクリートで固めることが必要です。
施工管理から住宅の設計図面が送られてくることになり、業者はその図面通りに基礎を作っていきます。
水回りは配管が通っていたり、キッチンに床下収納がある家庭も少なくはないです。
枠を作ってそこにコンクリートを流しこむことになりますので、枠が外れるのはコンクリートが固まるまで、設置した状態にしておくことになります。
住宅建築は、天気で左右されることになります。
雨が降ったりすると基礎工事もできませんので、晴れている日を選んで工事をすることが多いです。
基礎は建物が高ければ、それだけ地面深くまで基礎の工事をしないと、建物が耐えられなくなります。
住宅建築は基礎が丈夫にできているかによって、何十年何百年と建っていられるようになります。

住宅建築における工事請負契約書の重要性と確認すべき事項

住宅建築をする時に施主とメーカーもしくは工務店が契約通りの建物をいくらの金額で、この工期で完成させる等の約束事を記載し約束するものが工事請負契約書になります。
絶対に勘違いしてはならないのは、これは双方がその内容を確認した契約書という重要な文書だということです。
立場がどちらであっても契約内容と異なることをした場合には、それなりのペナルティーが発生し、いかなる争議になってもそこに記載された内容が優先されるという事になります。
もちろん一般的に見て変更が生じることが当然、という場合であればその限りではありません。
そのために双方が内容を確認し、その後実印を押印し相互が原本を保持するのです。
メーカー側には施工内容以外にも説明責任が必要な内容を説明した文書も施主に渡し、施主はそれに納得したという根拠を残さなければなりません。
記載が必要な内容には住宅建築に当たり、設計通りの家を建築し工期や予算及び融資計画が予定通り行われなかった、場合の対応等は必ず明記する必要があります。
施主側も契約書には記載通りの施工が行われても、契約通りの対応ができなかった場合等のペナルティーの記載を確認しなければなりません。
また、完成後の瑕疵に係る責任と対応の内容も記載すされていなければならないのです。
契約書とはそれほど重要な書類ですので確認は徹底的にしましょう。

住宅建築に必要な諸費用について分かりやすくご説明

住宅建築には、土地と家の金額の他に、さまざまな諸費用がかかります。
意外にたくせんかかる場合が多いので、心づもりしておくと良いです。
諸費用のなかで最も大切なのが、登記費用です。
住宅メーカーが手続きを行ってくれますが、住宅を自分の所有にするための登記を依頼する必要があり、こちらはだいたい25万くらいかかります。
他にはローン保証金が必要で、家を現金一括ではなくローンで支払うつもりであれば、一部保証金をはじめに支払わなければなりませんが、多くの場合、ローンの金額と相殺されます。
他にはエアコンやテレビ、電灯の設置費用や、水道が通っていなければ上水道や下水道の工事費用も必要です。
注文住宅の場合、家を建てる土地の地盤を固めるための費用が別途必要になることもあります。
上記の諸々の手続きに、住宅メーカーに対して手数料を支払う必要があることもあります。
住宅建築の費用以外に100万円以上かかると思っておくと良いでしょう。

住宅建築を依頼した方は完成後に施工会社の社員と一緒に点検することは必須

住宅建築を依頼して、新築住宅で新生活を送る方においては、最初に十分な打ち合わせを何度も重ねて設計をして、工事を着工することが普通の流れです。
信頼できるハウスメーカーや工務店に依頼することは当然のことですが、住宅建築では人の手による施工になることから、時にはミスを発生させてしまう可能性はゼロではありません。
この点を配慮して完成後には依頼した会社の社員の方と立ち会いで住宅の内外を点検することは必須ですが、見栄えが良いことで適当に点検を済ませてしまうことは避けた方が賢明です。
床であれば全室を歩いてみる方法で歪みを見つける可能性もあり、壁材も仕上がり状態を全室点検することも必要です。
建具も全て開閉してみて具合を点検する方法や、窓ガラスの部分も全て開閉させてみて曲がりがないかどうかを確認する方法も欠かせません。
水回りの設備ではミスを起こしてしまう可能性は低いものですが、蛇口を回して水が出る量などを確認すると更に安心です。
完成後は施工会社の保証期間というものがあるので、瑕疵担保の問題もクリアすることはできますが、それでも初回の点検は怠らないことは大前提ではないでしょうか。

住宅建築をスタートする前に住宅展示場を確認しよう

住宅建築を行いたいのであれば、いきなり住宅メーカーに相談するのではなく、まずは住宅展示場を確認するところから始めることをおすすめします。この場所を訪れるのであれば、住宅づくりに関する様々な情報を獲得できるはずです。
各住宅メーカーの自信があるものを見せてもらうことができ、工法や設備、外観や内装などを細かくチェックすることができます。
公式ホームページの写真と違って色々な方向から確認したり、実際に触ったりできるところが嬉しいポイントだと言えます。
さらに、それぞれの会社のスタッフから話を聞いたり、カタログを受け取ったりすることも可能です。
参加するイベントによっては相談会などを利用することもできるので、気になっていることを気軽に確認することができます。
住宅建築前に住宅展示場を確認すれば、自分たちの家づくりに活かせる内容を発見することができますし、最適な住宅メーカーを選ぶための判断材料を手に入れることも可能であることを知っておきましょう。

住宅建築で欠かせない災害リスクのチェックすべき項目と対処法

注文住宅を建てる際には、土地について徹底的な調査を行うと同時に、周囲の環境も十分に確認することで災害リスクを最小限にすることができます。
埋め立て地や盛り土が行われた土地の場合、地盤調査は必須となり第三者機関に依頼をすることで調査結果を理解できます。
土地に問題がないという場合でも近隣に河川があったり崖や土地よりも高い位置に山林などがあるような場所では水害や土石流の問題が発生する可能性があるので、そうならないために対策を講じているかどうかをチェックすることも重要です。
周囲と比べて低い位置に土地がある場合、避難場所や避難経路を確保することも欠かせません。住宅建築では当然ながら国が定める耐震基準以上を満たしていることが前提にありますが、自然災害のリスクを考えた場合、住宅建築にもこだわる必要性があります。
例えば住宅の前の道路に対して高さを設ける設計にしたり、洪水の被害から家族を守れるように屋上を作り出し太陽光パネルを設置することも災害リスクの対処法では効果的です。

住宅建築は条例によって制限がされることもある

将来的に自分の住宅建築をする場合、全く制限がないわけではありません。普通の人にとっての制限は大きく分けて2種類あります。
1つは、お金による制限がこれに該当するでしょう。例えるなら、注文住宅を建築するにあたり40,000,000円のお金が必要な場合でも、その半分を持っていない人がほとんどになります。
特に住宅を建築しようと考えている人の多くは20代後半から40代前半であり、そこまでまとまったお金がない可能性も高いわけです。
そんな中で、住宅を建てようにもローンを利用しても良いですが返済などを考えればやはり避けなければいけません。このように金銭的な限界を感じることがあります。
もう一つは、住宅建築において条例による制限がある場合です。よくあるのは、例えば京都市のお寺や神社などが多い場所で近代的な建築物を建築するのは条例により制限がされていると言われているほどです。
例えば、丸太の西洋風の住宅等を建築しようとしても、その市町村で禁止されているケースがありますのでその分はあきらめなければいけないところかもしれません。

住宅建築でかしこく節税できる6つのポイントとは

住宅建築の際に使える節税にはさまざまな種類があります。まず、住宅ローンを利用するのなら、住宅ローン控除が受けられる可能性が高いです。
住宅の所有者と住宅ローンの種類によって適用条件が異なりますので、確認してみましょう。不動産取得税においても、支払う税金を減らすことができます。
要件を満たす必要がありますが、一般的な住宅建築であれば適用の対象です。固定資産税の軽減措置を受ける場合は、建物部分と土地部分で控除内容が変わってきますから、自治体で固定資産税の控除が適用されるか確認してみましょう。
さらに、登録免許税も一定の条件を満たせば減税することが可能です。また父母や祖父母から住宅取得資金の贈与を受けた際には、一定金額まで贈与税を非課税にできます。
最後に、住宅ローン控除を利用しない場合に申請できるのが認定住宅新築等特別控除です。この控除を利用できる住宅には、さまざまな条件があります。期間も限定されていますので注意が必要です。

住宅建築専門かどうかを考えて建築業者を選ぶべきか

住宅建築専門かどうかを見極めるためには、そのハウスメーカーや工務店に建築士が在籍しているかでわかります。
専門かどうかは特にこだわらないという傾向のある住宅建築ですが、自由度の高い家を目指すのであれば彼らの知恵は欠かせません。
提携している建築士や専門家がいれば、その分メーカーや工務店のやり取りもスムーズになるので、より自分たちの理想を追求しやすくなります。住宅建築はプロに任せることで、デザイン性を高めることも可能です。
基本的には、住宅建築家と名乗るために特別な資格は必要ありません。ただし、名乗るからには建築の業界を納得させるだけの実績が求められます。
そうした一定の基準を満たしている人材を抱えているハウスメーカーや工務店であれば、家づくりに対しても熱心であることがわかるものです。
出来れば、その専門家のこれまで携わってきた実例をカタログまたはインターネットなどで見せてもらうことをお勧めします。能力が納得出来るものであれば、相談を持ちかけましょう。

住宅建築においては情報収集がとても大事になる

世の中は情報の時代と言われており、昔よりも情報が非常に出回っています。それそのものがかなり高い値段で売買されるようなことがありますが、これは何よりそこに大きな価値を置いていることの表れといえます。
もしこれから住宅建築をするならば、ぜひそのようなものに対しても注目してみると良いかもしれません。
では住宅建築をする場合どのようなものを集めたら良いでしょうか。これに関しては、例えば周りの環境などがこれに該当します。
建物や土地等が良いとしても周りの環境が劣悪な場合にはそこに住んでいてもあまり魅力を感じないかもしれません。
よくあるのが、近所に大きなゴミ処理場がある場合です。通常ゴミ処理場の近くに住宅を建築されませんが、比較的近い位置にあるだけでもなんとなく雰囲気が良くないケースもあるでしょう。ゴミ処理場の近くの住宅は、土地の値段が安くある意味魅力的かもしれませんがやはりそれ相応のデメリットもあるわけです。
情報収集を大事になりますので、十分な情報収集をした後住宅の建築をする必要があります。

家を建てる際の情報サイト

東京の二世帯住宅

新着情報

◎2022/9/21

情報を更新しました。
>住宅建築で欠かせない災害リスクのチェックすべき項目と対処法
>住宅建築は条例によって制限がされることもある
>住宅建築でかしこく節税できる6つのポイントとは
>住宅建築専門かどうかを考えて建築業者を選ぶべきか
>住宅建築においては情報収集がとても大事になる

◎2021/11/30

情報を追加しました。

> 住宅建築を建てる際には基礎工事が重要なポイント
> 住宅建築における工事請負契約書の重要性と確認すべき事項
> 住宅建築に必要な諸費用について分かりやすくご説明
> 住宅建築を依頼した方は完成後に施工会社の社員と一緒に点検することは必須
> 住宅建築をスタートする前に住宅展示場を確認しよう

◎2021/1/18

住宅建築コーディネーターとは
の情報を更新しました。

◎2020/11/16

住宅建築がよくわかる雑誌
の情報を更新しました。

◎2020/08/31

サイト公開しました

「住宅 知識」
に関連するツイート
Twitter

【不動産マメ知識】 再建築不可・・・中古住宅などで、容積率オーバーや接道義務を果たしていないなど、建て替えや増築ができない物件のこと。市街化調整区域の土地なども該当する。

▶️親の

返信先:

住宅ローンの基礎知識▶ ①自宅購入だけに使えるローン ②原則は1人1契約のみ ③事前審査と本審査がある マンション購入時のお得な借り方を見てみる🏄‍♀️

一戸建て住宅の外壁をリフォームする場合、施工を依頼する業者はどうやって選ぶと良いのでしょうか?外壁リフォーム業者を選ぶ際に注意することや、外壁リフォームにかかる費用など、リフォームを成功させるための知識をご紹介していきます。