住宅建築の豆知識

住宅建築コーディネーターとは

住宅建築コーディネーターとは

住宅建築コーディネーターとは 住宅建築コーディネーターは家づくりに関わる全ての流れを把握し、資金や不動産、設計に施工といった住宅建築に必要な専門分野を結ぶ役割です。
この役割をしっかりと果たすことで、お客様の理想の家造りをサポートできます。
経済産業省・国土交通省が推進する住生活エージェントを目指した中立な住まいの相談員と言われており、国土交通大臣認可組合の推薦資格であることにも注目したいところです。
家を建てる時には様々な分野が複雑に絡み合っていて、お客様から見ると実際の流れが分かりにくいと感じることも少なくありません。
流れが分からないと誰でもこれで合っているのかと考えますし、どのように動いたら良いのかも検討がつきませんので、理想の家造りを目指していても常に不安がつきまといます。
住宅建築コーディネーターが入ることにより、家造りに関する分かりにくい部分をしっかりと理解しながら進められるようになり、安心して進められるのが大きなメリットです。

住宅建築においてコーディネーターの役割とは?

住宅建築においてコーディネーターの役割とは? 住宅建築においてコーディネーターの役割とは、家づくりにおける全ての流れを把握した上で施主の希望を形にしていくことです。
土地探しから資金計画、設計、建築などそれぞれの専門分野のプロを繋ぐ役割も担っています。
施主が家づくりに対して細かい部分にまでこだわりがある場合もありますし、漠然としたイメージしか湧いていない場合もあります。
そこに住む家族のライフスタイルやライフプラン、家に対する想いなどを丁寧に聞き出し、場合によっては想像を上回るプランを提案することもあるのです。
住宅建築には様々な分野が複雑に絡み合っているので、総合的な視点からのアドバイスが欠かせません。
家を購入したり住宅を建てる際には、建物の構造や設備のクオリティなどに目がいきがちです。
しかし、本当にその場所に家を建てていいのかや資金計画など、決断を下す上で重要なことは色々あります。
コーディネーターは、そこに住む人の生き方そのものを考慮して具体的なアドバイスをくれます。

新着情報

◎2021/11/30

情報を追加しました。

> 住宅建築を建てる際には基礎工事が重要なポイント
> 住宅建築における工事請負契約書の重要性と確認すべき事項
> 住宅建築に必要な諸費用について分かりやすくご説明
> 住宅建築を依頼した方は完成後に施工会社の社員と一緒に点検することは必須
> 住宅建築をスタートする前に住宅展示場を確認しよう

◎2021/1/18

住宅建築コーディネーターとは
の情報を更新しました。

◎2020/11/16

住宅建築がよくわかる雑誌
の情報を更新しました。

◎2020/08/31

サイト公開しました

「住宅 コーディネーター」
に関連するツイート
Twitter

福祉住環境コーディネーターは、高齢者や障害者に対して住みやすい住環境を提案するアドバイザーです。医療・福祉・建築について体系的で幅広い知識を身につけ、各種の専門職と連携をとりながらクライアントに適切な住宅改修プランを提示します。

不動産実務に役立つ資格がココに! 宅地建物取引士 FP 賃貸不動産経営管理士 土地活用プランナー 不動産仲介士 投資不動産取引士 ホームインスペクター 相続実務士 相続手続カウンセラー ペット共生住宅管理士 住宅建築コーディネーター 民泊適正管理主任者

新築戸建住宅のインテリアコーディネーター募集!!(埼玉) ポラスグループ(株)住宅資材センター 埼玉県さいたま市/完全出来高制/業務委託のため休日の定めはありません

新築戸建住宅のインテリアコーディネーター募集!!(千葉) ポラスグループ(株)住宅資材センター 千葉県船橋市/完全出来高制/業務委託のため休日の定めはありません

建築会社側から見ると住宅営業は必要とされるのも理解できる…彼らは家を売り込む業務だけではなく、施主から設計製造側を守る一枚の壁でもあるんだね…お疲れ様です。多分いないと設計インテリアコーディネーター辺りが病むんだろうな