住宅建築の豆知識

住宅建築がよくわかる雑誌

住宅建築がよくわかる雑誌

住宅建築がよくわかる雑誌 初めて住宅建築を計画するとき、様々な情報収集をしますね。ネットも住宅メーカーの販売員なども情報源になりますが、誰かの宣伝に絡んでいるとなかなか中立の情報を得られるとは限りません。ネットもよくよく見ると、どこかの住宅機材のメーカーがスポンサーになっていて、そこの製品を使うように誘導されているような気分になります。

住宅展示場などに行けば、当然自社の製品を進めてくることが多いはずです。そこで頼りになるのが雑誌の情報です。住宅建築に関する様々なデータを第三者の立場で比較検討してくれる記事がたくさんあります。もちろん、住宅雑誌には宣伝も載っていますが、そうではない出版社独自の視点の記事も多く参考になります。実例を見ながらその検証をしてくれたり、実際に自宅を建てた人のインタビューなども写真付きでじっくり読めます。ネットの情報が徐々に比率を高めている今、紙媒体の情報は時間をかけて構築している例も多数あり、参考になります。

住宅建築でおすすめの雑誌をよく読んで家を建てましょう

住宅建築でおすすめの雑誌をよく読んで家を建てましょう 家を建てたいと思う場合どんなことが大切でしょうか?それは、住宅建築雑誌などをよく読んでそれを参考にするということです。しかし、本屋さんに行くと店頭にはとてもたくさんの住宅建築雑誌がありますので、どれを参考にしたらいいか迷うことでしょう。

では、どれがおすすめですか?それは、家の外観・間取り・インテリア・収納などが写真で分かりやすく載っていることそして、実際にその家に住んでいる人たちの意見やアドバイス、良かった点や失敗した点などの意見が載っているのを選ぶことです。家の写真だけ見ても、確かに参考になりますがしかしそこに住んでいる人たちの意見があるならより住みやすく快適な家を建てることが出来ます。

さらに、建築にかかった費用なども記されているなら参考になりますし、依頼した建築事務所やハウスメーカーの情報が記載されているなら、気に入った物件があれば相談や問い合わせることも可能です。是非よく読んで快適な住宅を建てましょう。

新着情報

◎2022/9/21

情報を更新しました。
>住宅建築で欠かせない災害リスクのチェックすべき項目と対処法
>住宅建築は条例によって制限がされることもある
>住宅建築でかしこく節税できる6つのポイントとは
>住宅建築専門かどうかを考えて建築業者を選ぶべきか
>住宅建築においては情報収集がとても大事になる

◎2021/11/30

情報を追加しました。

> 住宅建築を建てる際には基礎工事が重要なポイント
> 住宅建築における工事請負契約書の重要性と確認すべき事項
> 住宅建築に必要な諸費用について分かりやすくご説明
> 住宅建築を依頼した方は完成後に施工会社の社員と一緒に点検することは必須
> 住宅建築をスタートする前に住宅展示場を確認しよう

◎2021/1/18

住宅建築コーディネーターとは
の情報を更新しました。

◎2020/11/16

住宅建築がよくわかる雑誌
の情報を更新しました。

◎2020/08/31

サイト公開しました

「住宅 雑誌」
に関連するツイート
Twitter

カテゴリ「雑誌」 / ランキング:24位 \ ✨SUUMO注文住宅 東京で建てる2022秋冬号✨ (13:48)

昼ごはん調達にコンビニ来たら、最強家計って雑誌があってペラっと立ち読みして参考になれば買おうと思ったけど、夫手取り41万!、共働き夫20万・妻18万、住宅ローン完済!、住宅手当ありの会社に転職!って先取り貯金10万円を投資へって全く参考にならなかった🙂 そうじゃない。

住宅雑誌「住まいの設計」10月号 住みたいのはアウトドアを楽しめる家 雑誌スポンサー東北労働金庫様からのご提供です。

「建築知識」は1959年創刊。「新建築」や「建築文化」がハイカルチャーな建築創造を紹介したのに対して、建築実務誌として日々の設計業務に役立つ知識を解説しつつ、有名建築家の設計作法などについても学べる雑誌が「建築知識」でした。700号記念出版では、創刊以来の特集・記事を軸に住宅史を展開。

返信先:他1人この本住宅詳しくない編集者多いのかちょいちょい間違った用語使われてます😱こんなレベルの雑誌で大体の方は家を選んでしまうんですよ😢